読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Photo Letter vol.13 - in 城之崎温泉

 

f:id:eastslfuu:20160317034234j:plain

Photo Letter vol.13 - in 城之崎温泉

Kinosaki onsenn photograph by fuu

冬の終わりが近づくにつれ日本各地で早咲きの桜が観測され、もう春は目の前にまで来ている3月の半ば。

この冬最後の思い出を求めて、兵庫県の北方にある城之崎温泉へ一泊二日でお邪魔した。

この冬は一度も雪が見れなかったこともあって、すごく名残惜しい。来年の冬は雪景色が美しいところへ行って写真を撮ってみたい....。 

f:id:eastslfuu:20160317101250j:plain

電車の窓から差し込む光を優しく捉えてくれた。

卒業旅行ということで、友人二人を連れての旅だった。一人旅をするときとは違い、みんなで会話を楽しんだり写真を撮ったり。 

f:id:eastslfuu:20160317034257j:plain

非電化の列車を運転するのは都会を走る電車とはまたひと味もふた味も違うのだろう。

川を越え、谷を越え、山を越え、共に旅する列車は運転手にとってはかけがえのない大切な宝物。

電化を望む声もあるみたいだが、このままでもいいと思うのは自分だけだろうか。

ディーゼルエンジンの独特の音や揺れやはとても心地が良い。

f:id:eastslfuu:20160317034249j:plain

人は何を思いながら、旅をするのだろうか。

旅をする分だけ、感傷深く、センチメンタルになると思う。

お気に入りの音楽と旅をし、その音楽に旅の想い出が詰め込まれたり、旅先での出会いで優しさを受け取ったり。普段感じることのない感情が湧き出てくる。

そんな旅でしか味わえない感覚が人を成長させる。

f:id:eastslfuu:20160317102226j:plain

この透明感がある絵作りはZeiss独特の味ではないだろうか。Zeissと言っても60年前のjena製だけれども、引き継ぐ絵作りの意志というのは今も昔も変わらないと思う。

上手く説明できないけど、なんだか味のある色合い?、発色?、がすごく気に入った一枚になった。

APS-Cでこれだけ美しくボケれば、まぁフルサイズじゃなくてもいいだろう!(焦り

f:id:eastslfuu:20160317034226j:plain

「ママ~寒いよ早く!くつしたっ!!」

そんな微笑ましい光景にさっとシャッターを切ることができた。

最近少しずつ露出もマニュアルで撮るようにしている。そうした方が素早く狙った露出量が得られる。もうフルオートの撮影方法には戻れない。笑

ピントをカメラが勝手に合わせてくれるなんて......考えられなくなってしまった。

f:id:eastslfuu:20160317102228j:plain

城之崎では日本海が近いこともあって、カニなどの海鮮類も豊富に取り扱っている。

駅を出て温泉街へ続くストリートでは海の香りが風と共にやってくる。そんな温泉街も珍しいのではないだろうか??

夕食で食べたカニや、朝食で食べたカレイも新鮮でとても美味しかった。

f:id:eastslfuu:20160317034242j:plain

天候はあいにくの雨だったのだけれど、それでも夜の城之崎の温泉街は煌いていた。

雪だったら良かったのになぁと思いつつ、それでもこの冬最後の思い出をくれた城之崎への旅は本当に良い物になった。

ありがとう、城之崎

 

 

 

 

 

 

BackLetters:

PhotoLetter Vol.12
PhotoLetter Vol.11
PhotoLetter Vol.10
PhotoLetter Vol.9
PhotoLetter Vol.8
PhotoLetter Vol.7
PhotoLetter Vol.6
PhotoLetter Vol.5
PhotoLetter Vol.4
PhotoLetter Vol.3
PhotoLetter Vol.2
PhotoLetter Vol.1