読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Photo Letter vol.2 - in 須磨海岸

f:id:eastslfuu:20151203163043j:plain

 

Photo Letter vol.2 - in 須磨海岸

Suma coast photograph by fuu

 

 逆光でのこの描写。Twitter(@eastslpic)の方でも投稿したのだが、すごくお気に入りの写真。

X-T1のフィルムシュミレーションをクラシッククロームにし、彩度を抑えつつWBで少しだけ温かみを増やした。

こんな何の変哲も無い枯れ木が夕日の光によってこんなにも美しく写った。これだから写真は楽しいと思う。

f:id:eastslfuu:20151203164024j:plain

 錆び付いた手すり。ただの錆び付いた手すりだが、こうして写真に写してみると、案外味が出たりする。長年、海からの潮風を浴びながらここに立ち続けている。

カメラを持って散歩しているとそんなことまで考えるときがある。

f:id:eastslfuu:20151203205135j:plain

ローアングルでの撮影。ここでもフレアが大胆に発生している。けれども、なぜか安っぽい写真にはならない。

そういう描写をしてくれるのもオールドレンズの魅力の一つだと思う。

f:id:eastslfuu:20151203205558j:plain

海岸から少し伸びた船着場。水面の波に光が反射してなんとも言えない色に染まっていた。

日没後、波音に耳を傾けながら海沿いを歩いていると、こんな景色にも出会った。

f:id:eastslfuu:20151203210103j:plain

帰りにバスケをしている中学生ぐらいの集団に出会った。自転車と中学生たちが良いポジションにあったため、さっと気づかれないように撮影。でも多分気づかれてたと思う。

この中学生たちもこの先、年齢を重ねるにあたって離れ離れになるのかなぁ....と。儚さを胸に抑えつつ写真に収めた。

 

f:id:eastslfuu:20151203210955j:plain

なんでだろう、普通に歩いている親子に不思議とストーリーを感じる。

女の子はお母さんお手製のシチューを楽しみにウキウキで歩いているかもしれないし、

大好きなおばあちゃん家に帰っている途中なのかもしれない。

それが何かはわからないけど、確かに何かが存在する上でこの写真を見た人がなにかイメージして温かい気分になってくれると嬉しい。

 

変な妄想話はこのくらいに。

この日は楽しい夕方の散歩になった。

次はどこに撮影に行こうかなぁ。